コーヒーをおいしく味わうための盲点。それは保存の方法です。

コーヒーをおいしく味わうための盲点。
それは、いれ方でも、豆の種類でもなく、
保存の方法です。

コーヒーをこよなく愛し、毎日コーヒーを飲むことを日課とするほどの愛好家であっても、意外と無頓着なことが多いのが、保存方法についてです。とくに豆からは常時アロマが噴出しつづけているため、それをいかに逃さないかが、おいしさを保つコツになります。ではその方法は? 冷蔵庫がいいの? それとも冷凍庫? はたまた陽の当たらない暗室??? コーヒーを毎日飲むような人であっても、意外と意見が分かれるところです。ということで、今日はそんな議論に決着をつけるべく、正しい保存方法を紹介したいと思います。この記事を読めば、あなたもついに、"真のコーヒー愛好家"です!

コーヒーは「生鮮食品」だと思ってください。

考えてみれば当然ですよね。コーヒーは元々果実なのですから。野菜や卵、魚のように、いわゆる生鮮食品といっても差し支えありません。問題は、他の食材のように劣化が目に見えないということ。しかし空気に触れるほどに、酸化が進み、鮮度が落ちているのは他の食品と同じです。また、コーヒーの場合はアロマもどんどんと逃げてしまいます。ですので、正しく保存したとしても、豆の状態で1ヵ月、粉の状態では2週間がおいしく飲める限度です。それ以降は味が格段に落ちてしまうため、その間に飲みきってしまうことをおすすめします。ということで少し前置きが長くなりましたが、肝心の保存方法についてお教えします。

保存のポイントは、「湿度」「温度」「酸素」「光」の4つ。

考えてみれば当然ですよね。コーヒーは元々果実なのですから。野菜や卵、魚のように、いわゆる生鮮食品といっても差し支えありません。問題は、他の食材のように劣化が目に見えないということ。しかし空気に触れるほどに、酸化が進み、鮮度が落ちているのは他の食品と同じです。また、コーヒーの場合はアロマもどんどんと逃げてしまいます。ですので、正しく保存したとしても、豆の状態で1ヵ月、粉の状態では2週間がおいしく飲める限度です。それ以降は味が格段に落ちてしまうため、その間に飲みきってしまうことをおすすめします。ということで少し前置きが長くなりましたが、肝心の保存方法についてお教えします。

保存のポイントは、「湿度」「温度」「酸素」「光」の4つ。

↑ トップページへ戻る